2006年03月23日

セフのチームマネージメント

四節を終わり、だんだんセフのチームマネージメントが見えてきました。

・鹿島戦、本田選手のSBコンバートが機能したので、福岡戦ではそのままSBで先発

・同様に須藤選手が金選手の穴を埋めて余りあるパフォーマンスを見せたので、福岡戦でもそのままボランチで起用

・有村選手は、緒戦良いパフォーマンスを見せられなかったので、先発落ちはしたが、そこで二度と使わないのではなく、同ポジション選手同士の競争を煽るため(?)交代で出場

・楢崎選手はもう完全に体調が戻っていますが、良いパフォーマンスを見せている川島選手を継続起用

このように、ある程度継続性のある選手起用をしています。
選手達が納得するマネージメントだと思います。


それから、選手の起用と交代そのものが選手達へのメッセージになっていますよね。
これまでのスピードコンビから、豊田選手を先発起用したこと、
増川選手をFWで交代出場させたことは、「ロングボールを使え」という強烈なメッセージです。

戻るべき基本戦法があるというのは、

迷いが無くなる → ミスをしにくい & 本来の実力が発揮できる

ということです。

基本戦術があることと「自由にやらせる」というのは、相反するものではないと思います。

また、サッカーは技術の高い順に11人を選んで始めるのではなく、
サブを含めた18人で90分を戦うということ。
「レギュラーと控え」という考え方ではなく、
「試合を始める選手と終わらせる選手」という考え方。

ごく当たり前のことなのですが、分かっていない監督もいますよね・・。

・・・ということで、楢崎選手の招集に疑問を抱いている
他チームのGKは多いでしょう(川島選手はもちろん!)
しかし、この「?」な召集は(今までの代表選考から、驚きはしませんでしたが)、
振って沸いたセフへのアピールチャンスとなることでしょう。


昨年まで、強豪ではないチームとの試合で、
悪くはないが良くも無い内容で、1点差で落とすということが多々ありました。
まさに福岡戦のような試合を落としていましたね。
長いシーズン。このような試合は少なくないでしょう。
そこで勝ち点3をあげていければ、優勝とは良いませんが、
上位を狙えるポテンシャルは十分にあると思います。
posted by 江戸川だびっつ at 19:46| Comment(1) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。