2006年03月17日

第三節・負けられない理由

第一戦で機能したスタメンを、セフは第二戦で変えませんでした。
そしてロングボールをうまく利用した清水の戦術と個人技に、してやられました。

負けはしましたが、「サイドをワイド」というコンセプトは見えていましたし、発展途上中(&怪我人続出)ということで、特にチームに対する批判は無かったように思われます。

迎える第三戦。
相対する鹿島は、1勝1敗という成績だけでなく、
チームの状況が現在の名古屋とよく似ています。

・新監督就任(セフ:アウトゥーリオ)
・昨年の正GKが負傷中(楢崎:曽ヶ端)
・主力が不在(フェルナンド:藤田...他多数)
・第一戦 打ち合いによる一点差勝利負け(2-3:3-4)
・第二戦 完封負け(2-0:0-3)

そんな鹿島戦。
戦術のしっかりしたチームは、それが研究されたとき、監督の力量が問われると思います。
スタメン・戦術・采配 全てが重要になってくるこの第三節は、
セフの真価が問われる試合となりそうです。
posted by 江戸川だびっつ at 22:02| Comment(1) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14983400

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。