2006年01月16日

安英学選手…

「北朝鮮の星」安英学、Kリーグ移籍秒読み

本当に居なくなってしまうのでしょうか・・・。ふらふら

まだ安英学選手がグランパスに入団したてのとき。

新潟でも、良い選手であったとは聞いていましたが、
「準外国人枠」という異色の契約であり(鄭容臺選手もそうでしたけど)、
さらに国籍が北朝鮮という(マスコミ的に言うと謎の?)国の代表であるということで、
もっと朴訥で、勝つためにはなんでもする・・というような勝手なイメージがありました。

しかしそれは、当時(まだグラに入団しただけでプレーしていなかったとき)のインタビューで完璧に覆されました。

彼はこう語っていました。
「日本は大好き。日本に生まれ育ったから。サッカーを始めたのはJリーグに憧れて。中田英寿選手に憧れて。」

自分はマスコミの煽りには騙されないと思っていたのに、
くだらない・ゴシップ的なフィルターを通して見てしまっていた自分がとても恥ずかしくなりました。

当たり前なのですが、彼は純粋にサッカーが大好きで、少年時代、ずっと見てきたJリーグでプレーしたいという夢を持ち続けていた、たまたま日本に生まれて、たまたま北朝鮮の国籍を持ったサッカー選手の一人であるということ。
そしてプロサッカー選手になるという夢を実現させた、尊敬に値する人物だと思いました。

あの屈強で責任感の強い優れたボランチが居なくなるのは正直痛いです。

北朝鮮代表として、初めてKリーグの舞台に立つ。
責任感の強い彼は、それが自分に課せられた役目だと思っているのかもしれません。
だから私は、彼が希望するのであれば素直に応援しようと思います。
プロサッカー選手「アン・ヨンハッ」のファンとして。

そして・・・役目を終えたら、またグランパスに帰ってきて欲しいです。
posted by 江戸川だびっつ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11777427

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。