2006年01月07日

選手が居たいと思うチーム

柏がチーム崩壊の危機にさらされています。
チーム関係者やサポーターは気が気ではないのでは。

J発足から十数年経ち、Jリーグのクラブにも、
選手が「このチームならプレーに集中できる。このチームでプレーしたい」と思うチーム。
逆に「このチームではプレーに集中できない」と思うチーム。
少しずつ差がでてきているように感じます。
前者のようなチームに、良い選手が集まっていき、
そして強豪チームになっていくのでしょう。

柏から主力選手が大量に流出しそうなこと。
浦和はJ2降格時、ほとんどの主力が残留したこと。
あれほどの戦力を持つ浦和に、黒部選手や相馬選手が入団を即決したこと。

本当の事情や詳しいことは分からないので、あまり突っ込んだことはいえませんが、
客観的にみて、チームと選手の信頼関係が最も分かりやすく現れているのではないでしょうか。

名古屋グランパスエイトのフロントの皆さん。
後者に一歩、足を踏み入れていませんか。

今なら。
偶然、降格を免れた今なら。
まだ、間に合います。
posted by 江戸川だびっつ at 12:40| Comment(1) | TrackBack(1) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもです。

確かに我が愛する愛する浦和も降格しました。でも選手達は自分のチームの将来に魅力を感じていた。だから伸二も残ったんです。
柏の降格戦後の選手達のコメントを聞いても絶対に来季戻ってきます。と力強く言い切った選手はいなかった。
もうあの時、このような事態に陥ることが分かっていたような気がします。
Posted by ライアン at 2006年01月10日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11417721

この記事へのトラックバック

柏の砦がとうとういなくなる
Excerpt: 他のチームの事になってしまうが、今年のJリーグの移籍市場は例年になくかなり活発化していると思う。昨シーズンの最後の大混戦で盛り上がった事も影響しているのかもしれない。 その5チームでの優勝争いの..
Weblog: RYAN ROAD
Tracked: 2006-01-08 11:33

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。