2005年12月12日

新監督決定!

05/12/12  来季監督に「セフ フェルホーセン氏」就任決定のお知らせ  名古屋グランパスエイトは、公式戦視察等で来日している来季新監督候補「セフ フェルホーセン氏」と正式契約して、来季監督の就任が決定いたしましたので、お知らせいたします。
 また、アシスタントコーチに「ドワイト ローデヴェーヘス氏」の就任も決定いたしました。


やっと決まりましたね。

最終戦と天皇杯を見た氏は、グランパスをどう思ったのでしょうか?

クライトン選手も退団するようですし、外国人が0人(!)となったグランパスを、
新外国人獲得人事をはじめ、GM的なことも是非してほしいです。

今のフロントの膿をすべて取り除き、根こそぎ変えちゃってください!パンチ
クライトンの退団で、外国人選手は誰ひとりとしていなくなった。リーグ戦終盤にはクラブ幹部が新外国人選手の調査でブラジルに飛んでいる。福島常務取締役がルイゾン退団騒動の際、「目指すサッカーをクラブとして考え、クラブ主導で(人選を)するべき」と話していたように、今後はクラブ主導で助っ人の補強へと動くことになりそうだ。


・・・・。
なんかとんちんかんなんですよねぇ。

目指すサッカーをクラブとして考えるのは正しいです。

その「目指すサッカー」(を体現してくれる人物)が、
フェルホーセンさんだったのでしょう?

クラブがスカウティングをするのも正しいですよ。

スカウティングした結果、クラブがするのは
「こんな良い選手がいましたよ」ってとこまででしょう。

その中からどんな選手を獲るかを決めるのは監督でしょう?

なんでプロフェッショナルな人達に、
こんなことを言わなければならないのだろうか…。
posted by 江戸川だびっつ at 17:43| Comment(0) | TrackBack(2) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

名古屋グランパス情報●セフ・フェルホーセン監督就任/クライトン・井川・中山退団
Excerpt:  名古屋グランパスエイトは、公式戦視察等で来日している来季新監督候補「セフ・フェルホーセン氏(SEF VERGOOSSEN)」と正式契約して、来季監督の就任が決定し、同時にアシスタントコーチに「ドワイ..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2005-12-12 20:32

名古屋グランパス新監督フェルホーセン氏就任
Excerpt: 「名古屋グランパス新監督フェルホーセン氏就任」に関連するブログ記事から興味深い...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/sports
Tracked: 2005-12-14 00:31

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。