2005年11月30日

リンブルフの父

フェルホーセン氏、名古屋と1年契約 オランダ紙が報じる

 現在、UAE(アラブ首長国連邦)のアルジャジーラで指揮を執るフェルホーセン氏(58歳)が、来季名古屋グランパスエイトの新監督になることが決まった。11月29日付けオランダ全国紙『アルヘメーン・ダッハブラット』が報道した。


名古屋の次期監督がほぼ決まったようですね。

フェルホーセン氏

選手との対話を大切にする、とのこと。

ん?どこかの代表監督もそんなこと言っていたような?


もはや欧州流、南米流という分け方が全く意味を成さないことは、
オシム千葉とシャムスカ大分を見れば一目瞭然ですね。

あっち系(笑)でありますように・・・(祈)

いまのグランパスは組織の連携がないために
せっかくの個性をもつぶしてしまっていて、本当にもったいない。

組織力を徹底的に磨いてほしいです。
posted by 江戸川だびっつ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10017673

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。