2006年08月08日

本田圭佑選手、反町JAPAN第一号!

何が良いって、反町JAPAN第一号ですよ。

今シーズンはリーグ戦でも、課題だった運動量とスタミナが格段に上がってますね。

前半は、サイドバックのような位置まで下がるのはもちろん、
逆サイドまで動いていましたね。Jデビューの頃には考えられません。

そして、後半5分すぎ、最もキツい時間帯で、
増田選手のシュートをGKが弾いた難しいバウンドのボールをハーフボレーで枠に飛ばし、その直後、本田選手には珍しい(しかし基本に忠実で叩きつける綺麗な)ヘディングゴール!

MFには重要な能力である、ピッチを俯瞰して見る能力を持っている証拠に、イングランドでは拍手が起きそうな、糸を引くようなサイドチェンジパスもありました。

このまま行けば確実にオシム監督に呼ばれることと思いますが、

たまに、一対一で振り切られる場面もあり、そのあたりは、
「こんなのではダメでしょう。選ばれない」

と、自分に厳しく、しっかり自己分析できているところや、

最近の「走るサッカーブーム」に対しては
「結局はサッカーなので。その場その場でプレーができる選手を使うと思う。走ることがすべてじゃない」

と、しっかり自己主張するところは、中田英寿選手(もう中田氏か・・・)を彷彿とさせます。

う〜ん、そう遠くない将来、名古屋を離れてしまう気がしてきました・・・。

彼の性格なら、海外でも十分やっていけそうですしね。

でもまずは、貴重な世界の経験をグランパスにフィードバックしてもらいましょう!


※豊田選手は与えられた時間が短すぎました・・・。続きを読む
posted by 江戸川だびっつ at 17:37| Comment(1) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。