2006年03月06日

開幕!

タイプが同じなので二人の2トップはありえないとも
言われていた玉田選手と杉本選手。

スピードスター二人でかき回して相手を疲れさせた後、豊田選手を投入。
タイプが違うFWはこういう使い方もアリということですね。
豊田選手も15分間できっちり結果を出しました。
うまく流れに乗って試合を決める決定的な仕事をする。
ある意味、先発よりも大変なことだと思います。

選手はもちろんですが、セフもナイス采配でした。

そもそも昨年までは、タイプが同じFWを登録すること自体が
無理だったので、交代枠増加のレギュレーション変更も
うまく使ったと言えるのではないでしょうか。

それから、どの選手に聞いても
「しっかり繋いでサイドをワイドに」という答えが返ってくる。
怪我をしていても、戦術練習(ミーティング)はできますからね。
怪我人の続出は、図らずもセフのしっかりとした戦術が
サブの選手にまで戦術徹底が出来ていることを浮き彫りにしましたね。
文字通り、怪我の功名。

次の相手は当然開幕戦を研究してくるはずです。
ここで百戦錬磨のセフがどういう戦術をとってくるか。
どういう選手を使ってくるか。
まだ始まったばかりなので、続けなければ意味が無いですが、
まずは一つ。改善されたと思って良いのかな。

それにしても、スポーツ新聞はともかくエル・ゴラッソにすら、
チームを問わず、登録人数増に絡めた采配(先発&交代)の妙を語った話が出てこないのは悲しいなぁ・・・。

posted by 江戸川だびっつ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(1) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。